野球 バッティング バッティングフォーム

野球が絶対にうまくなる方法はこれです!   

野球 バッティング バッティングフォーム 

       

 バッティングフォーム バットを内側から!


 このホームページでは「バッティングフォーム」にこだわります。バッティングのコツはバットを内側から出すバッティングフォームです。バッティングフォームができ、バットが内側からでるようになればバットに最短の距離で到達するため速球の振り遅れがなくなります。またバッティングフォームが安定することでボールへのインパクトしやすくなり、結果打率があがる可能性があります。さてそのバッティングをつくるにはどうしたらいいか!
        



     野球がうまくなる方法はこれです!★トップページ        


   
---------------------------------------------------------------------------

      
     7日間の練習で飛距離を伸ばす方法を伝授!ビデオでわかりやすいですよ↓
      「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト       


     球速10km/hアップを短期間でするノウハウがわかりやすく解説されています↓
      【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム  

  
---------------------------------------------------------------------------
  
           
    【青木宣親選手のバッティング理論】


   さぁ、ユーチューブ動画での青木選手のバッテッィング理論をみてみましょう。
   この動画は青木選手のバッテッィングのコツがよくわかります。
   スローの動画もでているので参考にしてください。



    

   青木選手の動画からわかるコツは以下です。
   理論@ボールを体に近いところで打つ。
   理論A体の軸を中心に体をコマをまわすように体を動かす。


   理論@ボールを体に近いところで打つ。
   これによりカーブ、スライダー、ホークなど変化球を見極めることができる。
   極限までボールを引きつけることでボールを見極め、バットを止める事が
   できるのだ。


   ピッチャーはストライクゾーンからボールになる変化球をコントロールして
   勝負してくることが多い。そのコントロールされたボール球を振らされれば
   空振り、もしくは内野への凡打となる可能性が高い。


   逆にこれを見極めることができれば有利なカウントになり
   よりヒットできる可能性が高まる、この結果が青木選手の高打率だ。
   
   
   理論A体の軸を中心に体をコマをまわすように体を動かす。
   これにより極限までちかずけたボールにつまらず打ち返すことができる。
   バットが大回りしてくるようであればとても間に合わない。


   自分がいちばん感動したのはこの理論@、理論Aをふまえた応用。
   体の中でボールをとらえると@ヘが伝わりやすいということだ。
   ピッチングの速球を投げるコツでもふれたが、腕が伸びきってしまうと
   ボールに力が伝わりににくい。球界屈指の馬原選手はこれを背負い投げ投法と
   呼んでいたのが印象的だ。


   体の近くでボールをとらえる、これはある意味、腕が伸びきらないところで
   インパクトになるということ。腕は伸びようとする力があるので、そこから
   ボールを押し出すことができるのだ。


   ボールとバットが衝突した衝撃は大きいし、重たい。
   腕がのびきっていたら、どんなバッタでもバットがおされる。
   その結果、とらえたはずの打球がフライになったり、ファールになったりする。


   よく思い返してほしい、大ファールを打ったことはないだろうか。
   あの大ファールがフェアグランドにはいったらホームランなのに・・・と
   思ったことはだれにでもあるだろう。


   あれは、腕がのびきっていなかったのだ=I!
   わかっていただけるだろうか。
   是非理論@、理論Aを踏まえ是非自分のものにされたし。


---------------------------------------------------------------------------
   
     
     少年野球の指導者、野球好きのパパ必見ノウハウ。
     チームのバッティング強化に実際に役立っているとのことです!!
      【野球】現役少年野球監督だけが知るバッティング術!

   
     野球肘になったあなた、野球をあきらめる必要なし!治療実績多数あり。
     ボールを投げるのをやめるだけでは時間がかかるし再発も心配ですよね。
      【野球】野球肘の治療法と予防〜小学生から社会人まで〜

     
---------------------------------------------------------------------------
  
  

    【バッティングのコツ:ボールを遠くへとばすには?】


    今回はバッティングで高打率になる可能性がある方法を
   公開します。具体的にはバットを内側から出すようにする方法です。


   バッティングでバットを内側から出すのは基本中の基本ですよね。
   ところがすっとこどっこい、わかっていてもやるのは難しい!


   よく小学生のときに両脇に帽子をはさんでバッティング練習を
   しませんでしたか?草野球でもティーバッティングで脇をしめて
   バットを内側から出す練習をしませんか?


   これは体にバットを内側から出す、つまり、ボールに対して
   最短距離でバットを振り出しボールをとらえるというという
   一連の動作を身体に覚えさせるというのが目的です。


   ところが相手ピッチャーはあの手この手でこのフォームを崩しにきます。
   そして自分自身にも長打、あわよくばホームランをうちたいという欲から
   大振りになり、バットが内側からでなくなる傾向があります。


   さて、これを防止し、バットを常に内側から出すにはどうしたらいいか。
   答えは思いのほか簡単なものでした。


   バッティンググローブを両手につけるんです。
   またこのバッティンググローブはグリップがしっかり固定できるゴムがきいた
   ものにしてください。



   高価なバッテティンググローブは多々ありますが、衝撃吸収を主眼に置いた
   ものではダメです。あくまでバットを振ったときに両手がはなれないくらいもの
   にしてください。



   実はこの両手がはなれないところがミソなのです。
   バッティングは右バッターであれば左手が動作の中心となり、右手添えて補助的な
   役割を果たします。


   言い方をかえれば左手のバットコントロールを安定的なものにし、ボールを
   インパクトでとらえた瞬間、これに力を加えます。
   このあとフォロースルーに入り右手はバットから離れるバッターが多いです。


   しかし、このフォロースルーで左手を離す動作がその前のインパクトまでの動作を
   おおきくしてしまっていたのです!


   そこで左手だけにバッティンググローブすることが多いですが
   両手にします、これによりフォロースルーにはいってもバットを握ったまま
   身体に巻きつくようなスイングになります。


   これが実はティーバッティングで練習しているフォームそのものです。
   ところが実践ではピッチャ−のボールに振りまけないように力が
   加わるため練習とは違うホームになりがちなのです。

   バッティングに力をいりません。
   バットの芯にあてれば、あわせれば、どんな球も飛んでいきます。
   ボームランを打ったとき、思いのほか打った感触がない・・ということを
   経験したことはありませか?


   そんなに力いれなくてもホームランは打てるということですよね。
   右手にバッティンググローブをしているとフォロースルーまで考えて
   バットを内側からコンパクトに出さざるを得ません。


   だってとんでもない大振りをして、右手がバットを離せなかったら
   右手の筋が伸びてケガをしてしまいます。
  グリップの効くグローブを両手にするとそんな深層心理が働きます。


   だからバットは楽に内側から出さざるをえないんです。
   体は自然とこの一連の動作にならざるえない≠です。



   プロ野球でよ〜くみてみてください。
   ときどきバッティンググローブを両手にしている人がいます。
   代表格は日ハムの稲葉選手ですね。


   プロ野球選手に直接聞いたわけではありませんが、
   たぶん同じ考えかもしれません。
   すくなくとも私はこの方法を取り入れてから打率を大幅にあげることが
   できました。


   バットが大振りせずに、ボールの軌道にはやくバットがたどり着き
   速球にもついていけるようになった、打ち損じが減ったことが
   原因だと思います。


  
     
     

        

   
---------------------------------------------------------------------------


       
     
  
      
---------------------------------------------------------------------------

    
メルマガ購読・解除
 
    
    
●速球についてもっともっと知りたい方はこちらから検索してください↓
    



  ▼▼▼ 野球・投手編 ▼▼▼



■野球・ピッチング:速球を投げる方法・和田投手の球は、なぜ伸びのある球が、ピッチングフォーム


■野球・ピッチング:変化球を投げる理由は配球を複雑化し、狙い球を絞らせないこと!


■野球・ピッチング:プレイボールする前から心理戦スタート!


■野球・ピッチング:バッターは追い込まれるのがいやなんですよ!


■野球・ピッチング:バッターは基本ストレート狙い!特に初対面の投手には、なぜか?


■野球・ピッチング:初級カーブはほとんど見逃す!どんな心理からか?


■野球・ピッチング:内角を攻めてファールを打たす!ことができれば圧倒的優位


■野球・ピッチング:三振はいらない、タイミングをはずせばいい


■野球・ピッチング:変化球のキレをつける投げ方とは?


■野球・ピッチング:速球の投げ方は腕の使い方にあり!










  ▼▼▼ 野球・攻撃編 ▼▼▼

■野球:バッティングフォームを安定させてバットを内側から出す方法


■野球:軟投派投手を攻略する方法
相手は三振がとれない弱点あり!



■野球:速球投手の攻略方法、気持ちよく投げさせない!


■野球:打率をあげるバッティンはこんなコツでいける!


■野球:バッテッィングで遠くに飛ばすコツはこれだ!


■野球:バッテッィング 飛距離をだす打ち方・進化編 
(工事中)


  ▼▼▼ 野球・守備偏 ▼▼▼


■野球:肩に自身があってもボールをできるだけ前でとろう!



  ▼▼▼ キャッチャー編 ▼▼▼


■野球:配球は遊びこころで!


■キャッチャー:サインがでたか見破る方法はこちら!



   ▼▼▼野球・練習 ▼▼▼


■野球:【重要】練習の考え方 本番は練習のように練習は本番のように


■野球:コントロールをつけるコツはボールの軌道をイメージすること!


■野球球:バッティングのスイング
ミートポイントがわかる道具あり!



   ▼▼とっておきの道具▼▼


■野球:このバッティンググローブで変化球への対応ができる!



■野球:このグローブで名手間違いなしっしょ!手にしっくり


■野球:涌井投手も使うパワーバランスに効果あり!


■平日夜一人でできるピッチング練習方法!肩は毎日使おう!


Copyright (C) All Rights Reserved