野球 ピッチング 速球 速球の投げ方 

野球が絶対にうまくなる方法はこれです!   

野球 ピッチング 速球 速球の投げ方

       

  ベストピッチング・速球の投げ方はこうする! 


 このホームページでは「伸びのある速球を投げる!」をモットーにのびる速球球投げ方・ピッチングフォームを紹介します。ピッチングは速球が基本です。速球の投げ方・ピッチングフォームで悩んでいませんか?速球はピッチャーの最大の武器。速球で変化球が効いてくる。さてどんなピッチングファオームが必要なのか。プロ野球の速球派ピッチャーの腕の使い方はコツがあり。今回は和田投手に注目してみました。さてピッチングを極めましょう。
        


     野球がうまくなる方法はこれです!★トップページ        


---------------------------------------------------------------------------

      
      球速10km/hアップを短期間でするノウハウがわかりやすく解説されています↓
       【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム  

       
      7日間の練習で飛距離を伸ばす方法を伝授!ビデオでわかりやすいですよ↓
       「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト       
 
    
---------------------------------------------------------------------------
  


   佐野真著書「和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか」の理論をを参考に
   速球の投げ方を考え直してみました。
   パ・リーグを代表する和田投手のボールは手元で伸びてくるそうです。


   つまり手から離れた瞬間の初速とホームベース地点の速度が、
   通常空気抵抗と重力の影響でおちるものが、スピードがおちないということです。
   どんなピッチングフォームで和田選手はなげているのだろうか。

   さて、和田投手の速球の投げ方ピッチングフォームを動画みてみましょう。
   この動画は和田選手の理論がわかりやすい。

    
     



   さて動画をみた感想はいかがであろうか。
   速球を投げるということは、ボールにそれだけの力を加えるということ。
   さて、どうすればボールに力を加えることできるのか。
   コツがあるのだろうか。どんなピッチングだろう?


   @速球の投げ方 できるだけホームベースよりでボールをリリースする!
    

    
   ボールが空気抵抗と重力で遅くなることを考えると投手とバッターとの距離自体を
   ちかくすればいいという理論が考えられる。


   さて、では投手とバッターとの距離を近づけるには2つの方法が考えられる。
   A:ボールのリリースをできるだけ前にする(ボールもちをよくする)。
   B:ステップ自体を大きくして、身体自体をベースに近づける。


   いうのは簡単だがAについてはしっかりした下半身が必要。
   ピッチングフォームの安定がなければそこまでボールをもっていることができない。
   松坂投手はボールのリリースがおそい代表格だ。


   Bについてはさらに股関節の柔軟性が必要になる。
   全体重が先に出した足にかかり、これを支えながら安定したリリースに
   導くことは股関節の粘りにかかっている。
   著作では「骨盤を前に運ぶことで、前への運動(勢い)が増す」と表現している。
   これが和田選手のピッチングフォームだ。


   しかもベースにちかづいてボールをリリースできるということは
   コントロールがききやすいということだ。
   コントロールはピッチングの生命線だ。
   160kmの速球でも打たれるのだ、135kmのコントロールされたボールは
   打たれない!!コントロールがいかに大事か!
   そのコントロールを実現するのがこのリリースポイントというコツ・理論だ。
   動画を繰り返しみてもらいたい。
   この動画にはまだまだヒントがたくさんありそうだ。


   A速球の投げ方 投げる瞬間だけに力を入れる!
    


   興奮してくるとどうしてもすべての動作に力が入ってしまう。
   それがかえって力を分散させてしまい、投げる瞬間というボールに力を
   加える瞬間にMAXのパワーが伝わらない。


   和田、杉内、ダルビッシュ、岩隈などゆったりした投球フォームなのに
   伸びある速球を投げる投手はこれができていると思われます。
    むしろ、これがわかっていて投球フォームをゆったりさせているのではないか。
    


    B速球の投げ方 身体を開らかず、パワーを分散させない


   右投手であれば左足を前にステップさせ、左腰を回転し、回転半径するが、
   骨盤をできるだけ前に運んで移動距離を大きくし、その後腰を回す運動にこの
   パワーを引き継ぎ腰の回転を早め、最終的にボールに伝わるパワーを最大化する。

 
   著作によると「腰の移動・回転」のスピードが速いほど、エネルギーも大きくなる」
   「そのためにも股関節の柔軟性が重要になってくる」としているが、とてもすばらしい
   分析と理論だと感心する。


   自分は腰の回転時に力が分散しないように、ステップした足のつま先をまっすく
   キャッチャーに向けず、3塁側にむけたまま着地させ(私は右投げ)
   腰の回転とともにじりじりとこれも回転させて投げる瞬間に、つま先がキャッチャー
   に向くように工夫している。


   また和田投手はグローブを身体に密着させ、身体の開きを押さえていることも
   著作に書かれている。「親指で上から押さえこみ捻る感じでグローブを
   閉じます。その方が、グローブ腕を固定させる力がうまく伝わりやすく
   それが結果的に身体の開きを抑えることに繋がる」是非参考にされたい。



    C速球の投げ方 グローブの重さを前への推進力に使う

     
   Bに関連することだが、骨盤をできるだけ前にするために、強い前への勢いを
   出すためにグローブの重さを使わない手はない。
   uチューブをみてほしい。グローブをかなり前方に出して推進力をつくり
   グローブをもどすことで身体を押し出し、開きをおさえている。



   すべては強靭な下半身、さらに股関節の柔軟さが前提になっているが
   草野球での参考になるところもあるのではないか。
   是非、参考にしたい。


---------------------------------------------------------------------------
   
    
     少年野球の指導者、野球好きのパパ必見ノウハウ。
     チームのバッティング強化に実際に役立っているとのことです!!
      【野球】現役少年野球監督だけが知るバッティング術!

   
     野球肘になったあなた、野球をあきらめる必要なし!治療実績多数あり。
     ボールを投げるのをやめるだけでは時間がかかるし再発も心配ですよね。
      【野球】野球肘の治療法と予防〜小学生から社会人まで〜

     
---------------------------------------------------------------------------
  

  
     
     

        

   
---------------------------------------------------------------------------

    
     
  
    

---------------------------------------------------------------------------


    
メルマガ購読・解除
 
    
    

●速球についてもっともっと知りたい方はこちらから検索してください↓
    



  ▼▼▼ 野球・投手編 ▼▼▼


■野球・ピッチング:速球を投げる方法・和田投手の球は、なぜ伸びのある球が、ピッチングフォーム


■野球・ピッチング:変化球を投げる理由は配球を複雑化し、狙い球を絞らせないこと!


■野球・ピッチング:プレイボールする前から心理戦スタート!


■野球・ピッチング:バッターは追い込まれるのがいやなんですよ!


■野球・ピッチング:バッターは基本ストレート狙い!特に初対面の投手には、なぜか?


■野球・ピッチング:初級カーブはほとんど見逃す!どんな心理からか?


■野球・ピッチング:内角を攻めてファールを打たす!ことができれば圧倒的優位


■野球・ピッチング:三振はいらない、タイミングをはずせばいい


■野球・ピッチング:変化球のキレをつける投げ方とは?


■野球・ピッチング:速球の投げ方は腕の使い方にあり!










  ▼▼▼ 野球・攻撃編 ▼▼▼

■野球:バッティングフォームを安定させてバットを内側から出す方法


■野球:軟投派投手を攻略する方法
相手は三振がとれない弱点あり!



■野球:速球投手の攻略方法、気持ちよく投げさせない!


■野球:打率をあげるバッティンはこんなコツでいける!


■野球:バッテッィングで遠くに飛ばすコツはこれだ!


■野球:バッテッィング 飛距離をだす打ち方・進化編 
(工事中)

  ▼▼▼ 野球・守備偏 ▼▼▼


■野球:肩に自身があってもボールをできるだけ前でとろう!



  ▼▼▼ キャッチャー編 ▼▼▼


■野球:配球は遊びこころで!


■キャッチャー:サインがでたか見破る方法はこちら!



   ▼▼▼野球・練習 ▼▼▼


■野球:【重要】練習の考え方 本番は練習のように練習は本番のように


■野球:コントロールをつけるコツはボールの軌道をイメージすること!


■野球球:バッティングのスイング
ミートポイントがわかる道具あり!



   ▼▼とっておきの道具▼▼


■野球:このバッティンググローブで変化球への対応ができる!



■野球:このグローブで名手間違いなしっしょ!手にしっくり



■野球:涌井投手も使うパワーバランスに効果あり!



■平日夜一人でできるピッチング練習方法!肩は毎日使おう!




Copyright (C) All Rights Reserved