速球 野球 投げ方 

野球が絶対にうまくなる方法はこれです!   

速球 野球 投げ方 ページ

       

 速球の投げ方はこうする!


 このホームページでは「キレのある速球を投げる!」をモットーに速球投げ方を紹介します。速球の投げ方で悩んでいませんか?速球はピッチャーの最大の武器です。速球が投げられることで、変化球が効いてくることは野球をやっている人ならよくわかりますね。さて速球の投げ方には特徴があります。プロ野球をみていても速球派のピッチャーの腕の使い方は共通するものがあります。松坂、上原投手など代表格ですね。
     野球がうまくなる方法はこれです!★トップページ        

 
---------------------------------------------------------------------------

   
     野球肘になったあなた、野球をあきらめる必要なし!治療実績多数あり。
     ボールを投げるのをやめるだけでは時間がかかるし再発も心配ですよね。
      【野球】野球肘の治療法と予防〜小学生から社会人まで〜

        球速10km/hアップを短期間でするノウハウがわかりやすく解説されています↓
       【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム  


---------------------------------------------------------------------------
  

    【速球の「投げ方」:腕を内側にひねる】


    長めの棒をオーケストラの指揮者のようにたてに振っていると途中で
    折れますよね。それはつまり棒の真ん中あたりに負担がかかるということです。
    

    つまり腕を単にたてに振ることで速球を投げ続けると肘を痛めるということです。
    またこのたて投げは速球に限界があります。

 
    肘の負担を分散し、ボールを投げるまでの滑走路を長くすることで速球を
    に磨きをかけることができるのがこの腕を内側にひねるという方法です。


    モーションに入り、グローブからボールを握った手を(右投げ)、後ろに広げますが
    その時に右腕を内側にひねります。イメージとしては手の甲をベルトむける
    ようにします。


    これで投球動作をすすめると腕が反動でしなりながらリリースまでいけるので
    ボールにより大きな力が加わり、速球につながるとというわけです。
    

    プロ野球をみているとこの投げ方をしているピッチャーが多い!
    ですが、そうでないピッチャーも結構いますよ。
    最近ではスーパースローでピッチャーの腕の使い方がわかりますよね。
    みてみてください、速球派のピッチャーはこれをやっているケースが多いです。


    参考までに下記本を紹介します。
    この腕の使い方が理論的、合理的に説明されています。
    とても参考になりましたのでおすすめです。

 
    手塚一志氏 『ピッチングの正体』
    竹内久外志氏 『150キロのボールを投げる!』


---------------------------------------------------------------------------
   
      
      7日間の練習で飛距離を伸ばす方法を伝授!ビデオでわかりやすいですよ↓
      「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト       


     少年野球の指導者、野球好きのパパ必見ノウハウ。
     チームのバッティング強化に実際に役立っているとのことです!!
      【野球】現役少年野球監督だけが知るバッティング術!

  
---------------------------------------------------------------------------
  

    【速球の投げ方:振る腕を体に近づける】
   
    
    ソフトバンクの守護神・馬原投手はパリーグきっての速球派です。
    初速と終速に差がなく、あたかも空気抵抗や重力をうけていないかの伸びる速球。
    

    さて、彼がTVでこういってました。
    「速球を投げるにはボールに大きな力を加える必要があります
    ボールに大きな力を加えるには体に巻きつけるよう、つまり体から腕をとおざけない
    ことがポイント。柔道でいう背負い投げのイメージ」

    最後の柔道の背負い投げ≠フイメージというのがとても印象的でした。
    たしかに背負い投げをするときに腕が体から離れて相手の体を投げるというのは
    至難のわざです。


    相手の体を自分に乗せ、引き出すように投げれば大きな力が加えやすく
    同じ体重の相手を比較的楽に投げることができますね。


    これをイメージして体にまきつけるように投げる。
    体全体の動きに連動させながら、ボールをリリースするまで体の
    近くで力をたくわえます。


    是非やってみましょう。



   


   
  
     
     

        

   
---------------------------------------------------------------------------



 

---------------------------------------------------------------------------

    
メルマガ購読・解除
 
    
    
●速球についてもっともっと知りたい方はこちらから検索してください↓
    


 

■野球・ピッチング:速球を投げる方法・和田投手の球は、なぜ伸びのある球が、ピッチングフォーム


■野球・ピッチング:変化球を投げる理由は配球を複雑化し、狙い球を絞らせないこと!


■野球・ピッチング:プレイボールする前から心理戦スタート!


■野球・ピッチング:バッターは追い込まれるのがいやなんですよ!


■野球・ピッチング:バッターは基本ストレート狙い!特に初対面の投手には、なぜか?


■野球・ピッチング:初級カーブはほとんど見逃す!どんな心理からか?


■野球・ピッチング:内角を攻めてファールを打たす!ことができれば圧倒的優位


■野球・ピッチング:三振はいらない、タイミングをはずせばいい


■野球・ピッチング:変化球のキレをつける投げ方とは?


■野球・ピッチング:速球の投げ方は腕の使い方にあり!










  ▼▼▼ 野球・攻撃編 ▼▼▼

■野球:バッティングフォームを安定させてバットを内側から出す方法


■野球:軟投派投手を攻略する方法
相手は三振がとれない弱点あり!



■野球:速球投手の攻略方法、気持ちよく投げさせない!


■野球:打率をあげるバッティンはこんなコツでいける!


■野球:バッテッィングで遠くに飛ばすコツはこれだ!



 
 ▼▼▼ 野球・守備偏 ▼▼▼


■野球:肩に自身があってもボールをできるだけ前でとろう!



  ▼▼▼ キャッチャー編 ▼▼▼


■野球:配球は遊びこころで!


■キャッチャー:サインがでたか見破る方法はこちら!



   ▼▼▼野球・練習 ▼▼▼


■野球:【重要】練習の考え方 本番は練習のように練習は本番のように


■野球:コントロールをつけるコツはボールの軌道をイメージすること!


■野球球:バッティングのスイング
ミートポイントがわかる道具あり!



   ▼▼とっておきの道具▼▼


■野球:このバッティンググローブで変化球への対応ができる!



■野球:このグローブで名手間違いなしっしょ!手にしっくり


■野球:涌井投手も使うパワーバランスに効果あり!


■平日夜一人でできるピッチング練習方法!肩は毎日使おう!

Copyright (C) All Rights Reserved